スポンサードリンク

フクヒロの所属が自由すぎ!こんなに転々とするのか。。。


女子世界ランキング1位のフクヒロ

バドミントン女子ダブルスで

世界ランキング1位の福島由紀、廣田彩花ペア

通称フクヒロ(写真下)ですが、

普通の実業団選手とは違った所属になっています

フクヒロ

日本代表の社会人選手はほとんどが

S/Jリーグに参加しているチームか

スポンサーをつけたプロ選手が数名いますが、

 

フクヒロに関しては、S/Jリーグに参加を認められていない

丸杉Bluvicに所属し、練習を行っています。

 

ルネサス→再春館製薬所→アメリカンベイプ岐阜→丸杉Bluvic

フクヒロは福島が1学年先輩で先にルネサステクノロジに所属

のちに廣田が同ルネサスに所属することになります。

 

ここからルネサスのバドミントン部が再春館製薬所に譲渡されたことで

ルネサスの選手全員が再春館製薬所に移籍するという形になりました

山口茜選手なども再春館製薬所の所属となっています。

 

この移籍については何も問題ないように思います。

 

が次の移籍については賛否が分かれるところで

今井彰宏 前監督が選手の獲得した賞金を自分の口座へ振り込ませ

事実的な横領を行っていたため再春館製薬所を解雇されてしまいました

 

その解雇を受けてフクヒロも再春館製薬所を退社し

アメリカンベイプ岐阜へ移籍することを表明しました。

 

これについては個人的な意見ですが

社会の基本的なルールを守れない人についていかなくても

そのまま、練習設備の整った再春館製薬所で頑張る選択をして

良かったんじゃないかなと思います。

 

結局コロナの影響でアメリカンベイプ岐阜も経営破綻し

フクヒロは現在の丸杉Bluvicへ所属しS/Jリーグへの出場権も失いました

 

全日本総合などは問題なく出場できているので

A代表の内定ももらい特に問題ないとも思います。

 

こうしてみると、客観的にこうしたほうがいいと思ったことより

本人たちのしたいようにしたほうが結果が出ることもあるんだなって感じますね

フクヒロについてはこれからも、新天地で頑張っていただけたらと思います!


タグ:

カテゴリ:日本代表 

ページの先頭へ