スポンサードリンク
未分類

「体幹」と「インナーマッスル」の違い、ちゃんと使い分け出来ていますか?

体幹とは

体の中心部分を指すのが「体幹」で、

頭と手足を除く部分を指します。

この部位には様々な筋肉があり、「体幹」として言及されることもある。

体内の筋肉には、外側の筋肉と内側の筋肉が存在します。

 

外側の筋肉は、三角筋や大胸筋、腹直筋など、

皮膚のすぐ下に存在する筋肉を指します。

 

体表に近く、浅い部分に位置するため、「表面筋」や「浅筋」とも称される。

インナーマッスルとは

一方、インナーマッスルは、大腰筋や腸骨筋などのように体の深い部分に位置する筋肉で、

「深筋」とも呼ばれます。

 

これらの筋肉は、体の中心部だけでなく、手足にも見られます。

簡単に言えば、体幹は筋肉がある「部位」、

内側の筋肉は筋肉の「位置」を意味するものです。

体幹を鍛えるというのは、中心部の筋肉(外側と内側の筋肉)を鍛えることを意味し、

内側の筋肉を鍛えるとは、体の深い部分の筋肉を強化することを意味します。

 

従って、体幹とインナーマッスルは別々の概念です。

しかし、体の中心部の筋肉を「体幹」と呼ぶ場合、

特にその内側の筋肉を指すことが多く、

多くの人には「体幹=インナーマッスル」として理解されていることも事実です。

 

   未分類