スポンサードリンク

バドミントンラケットのゴミの分別方法 一般ごみで出すにはポイントがある?


不要になったバドミントンラケットをゴミとして出す方法についてご紹介します。

ゴミの出し方には各自治体によって様々な決まりがあり、

地域のゴミ収集場所に出す場合は、サイズの指定があったり、

ゴミ袋に収まればOKなどといったケースが多いでしょう。

 

一般的なバドミントンラケットの長さは70cm程度ありますので、

そのままゴミ袋に入れて出すのは難しいです。

 

粗大ゴミとして出すこともできますが、大抵の場合は有料となりますので、

できれば地域で収集できるゴミとして出したいですよね。

 

ゴミ袋に入れるためには、バドミントンラケットを切って

サイズを小さくしてしまいましょう。

 

バドミントンラケットの素材は昔は木製が主流でしたが、

今ではカーボン繊維を中心としたものや、アルミ製のものが多くなっています。

 

木製であれば普通のこぎりで切れますが、リサイクル用のこぎりを使えば、

金属やプラスチックなどでも切ることができます。

 

木製やカーボン製のものであれば可燃ゴミとして、

アルミなどの金属製のものは、金属ゴミや不燃ゴミに分類されることが多いです。

 

ただし、ゴミの出し方は細かく分類されていることが多いので、

正しい処分方法をしっかりと確認してから出しましょう。


カテゴリ:未分類 

ページの先頭へ