スポンサードリンク

バドミントンのクリアの打ち方・初心者がやるべき3つの練習の順番


クリアーが奥まで飛ばない

上手くシャトルに力が伝わらない

初心者の方はこんな悩みをもっているかと思います

 

力の入れ方と体の使い方さえマスターすれば

小学生の筋力でもクリアーを奥まで飛ばすことは可能ですので

以下の練習方法を参考にしてクリアーをマスターしてください

 

①シャトル投げ

まずシャトルをすぐ打とうとすると

シャトルに当てることに意識が集中してしまい

スイングスピードが遅くなってしまいます

 

まずは腕の振りを速くするためにシャトル投げから

スタートするときれいに腕を振れるようになり

のちのち球の球速が上がるのでここでしっかり練習しておきましょう

 

 

 

 

②素振り

シャトル投げでシャトルをネットを超えられるくらい

飛ばせるようになったら素振りの練習へとステップアップしていきましょう

 

ある程度素振りでフォームが固まったら

シャトルが入っている筒を投げてみてください

投げた筒が縦に回転していれば正しいフォームで

素振りが出来てるという判断になりますので

チェックとして筒投げをしてみてください

 

③羽打ち

素振りを反復練習し筒投げで素振りのチェックができたら

空振りをしてもいいので、その素振りのフォームで

シャトルを飛ばすようにしてください

 

シャトルを当てようとラケットをシャトルに合わせると

どうしても今までのフォームがくずれて

結局クリアーが飛ばないということになります

空振りを怖がらないでフルスイングをしていったら近道になるので

シャトル投げと素振りで培った腕の振りを意識して

クリアーをとばしていきましょう

 

 

最後にクリアーを飛ばすコツ紹介します

バドミントンで強い球を打つためには力の入れ抜きが

必要となりますが

クリアーが飛ばない人を見ていると、

シャトルを打つ前から力が入っていて

ずっと力んだ状態でシャトルを打って

上手くシャトルに力が伝わっていないことが多いです

 

シャトルを打つ寸前までは力を抜き

シャトルを打つタイミングで力を入れることで

スイングスピードがあがり結果として

強い球や深いクリアーが打てるようになるので

力の抜き方も意識して練習に取り組んでいくと

今のレベルから上のレベルに上がることができます!

 

また重心を前にもっていくことで

体重を乗せたショットを打つことができるので

シャトルを打った後に一歩前に出ることを意識して

クリアーを打つ練習をすると力強いクリアーを打つことができます

 

シャトルを打って一歩前に足を出して

次に打つときに一歩下がって

シャトルを打つ体勢を作ることで実際の試合に近い状態で

練習を行えるので

体力的に出来る人は足の動きも取り入れて練習していただけたらと思います

 

以上クリアーの練習方法やコツを紹介しましたが

クリアーが打てないと試合にならないと言っていいほど

基本的で重要なショットになりますので

練習してクリアーをマスターしてください!

 

質問等があればお問い合わせからご連絡いただけたら幸いです。


カテゴリ:ショット 未分類 

ページの先頭へ