スポンサードリンク
未分類

M-1グランプリ審査員 立川志らくの後任はだれ

著名な演芸家である立川志らく(60歳)が、2018年以来5年間務めてきた、人気の漫才コンテスト「M-1グランプリ」の審査員を退くことを発表しました。

この年、過去最多の8540組が参加する大会は、クリスマスイブに開催される予定です。

 

志らくの後任として誰が選ばれるか、大いに注目されています。

このイベントは、12月24日にテレビ朝日系列で午後6時30分から放送される予定です。

 

長年にわたりこの役職を務めた志らくは、番組スタッフとの協議の末、自らの退任を決めました。彼は自身の公式X(ソーシャルメディア)を更新し、感謝の気持ちを表明しました。

「これまでの5年間は私にとって貴重な経験でした」と述べ、YouTubeの自身のチャンネルで詳細を話す予定です。

 

テレビ朝日とABCテレビは、志らくの退任についてコメントを発表しました。

彼は落語界で著名な人物であり、20人近い弟子を持つとともに、映画評論家や劇団の主宰者としても知られています。これらの経験が、「M-1グランプリ」での審査に役立ったとされています。

 

志らく自身も、審査員としての彼の役割について、長年にわたる若い才能との接触に感謝の意を表しました。

彼は、「漫才師でもない人間がなぜ審査するのか」と当初批判されたが、落語家としての視点が有効であると信じていたと述べました。

 

また、彼は、ランジャタイやヨネダ2000、トム・ブラウンのようなユニークな漫才スタイルを評価してきたことで知られています。

彼の退任により、このようなスタイルが不利になるのではないかとの意見もあると彼は指摘しました。

 

最後に、志らくは漫才師たちに向けて、技術だけでなく魅力も大切であるとのメッセージを送りました。

 

志らくは、ジャルジャルやトム・ブラウン、ランジャタイ、ヨネダ2000など、独創的な漫才スタイルを評価し、独自の審査スタイルを確立してきました。彼が審査した5年間の最終決戦では、彼が支持したコンビが全て優勝しています。

 

新しい審査員に関する発表は、特別番組内で行われる予定です。

​​立川志らくの他に、サンドウィッチマン・富澤たけし、中川家・礼二、博多華丸・大吉の博多大吉、ナイツ・塙宣之、ダウンタウン・松本人志、山田邦子などが名を連ねていました。

   未分類