アクセルセンがスマッシュを速くするためにやっている筋トレ3種

東京オリンピック金メダリストのビクターアクセルセン選手が

実際に行っているスマッシュを速くする筋トレを紹介していきます

 

①体幹の筋肉の調整

まずはじめに、スマッシュを打つ動作で

頭上で腕とラケットが体を横切るので

その動作に焦点をあてたトレーニングを行います

 

まず膝立ちの姿勢を取ります

お尻の筋肉をぎゅっと締め、丹田(おへその少し下の部分)に力を入れます

 

二人一組になり一人は後ろからチューブを持ち

トレーニングをする選手の後ろを移動します

様々な角度で引っ張られた状態から

腕を体の真上から前に横切ります

 

そして無理に力でチューブを引くのではなく

全体的な体の安定性を確かめるように姿勢を維持することを優先してください

 

8~15回を目安に行って下さい

 

体の後ろ側のトレーニング

ダンベルを使用したトレーニングを行います

このトレーニングは一人で行います

 

主に体幹と腹斜筋を鍛えていきます

ランジの状態になり

左ひざを立て右ひざは床につけます

左手でダンベルを持ち、右の骨盤あたりでセットします

 

腕を上げていきながら親指を後ろの方に回転させていきます

かかとと膝は一直線になるように注意します

 

腕で引き上げるのではなく背筋を使って動作するように注意します

このトレーニングも体幹がぶれないように意識をして行います

無理に腕を上げる必要はないのできつくて腕が上がらないようなら

ダンベルの重さを軽くしてみてください

 

こちらも8~15回を目安に行って下さい

 

下半身のトレーニング

下半身の力を強くするために

ケトルベルトを使用し、ケトルベルトデッドリフトを行います

 

基本家にケトルベルトはないと思いますので

大きめのバッグにペットボトルや本を詰めて代用しても大丈夫です

(ちなみに2リットルのペットボトルに砂と水を入れると約3.5Kgになります)

 

まず足を骨盤の幅くらいに広げて立ちます

そしてケトルベルトを掴み立ち上がります

 

背中を丸めないように注意

腰を痛める危険性があります

 

綺麗な姿勢で背中がまっすぐ立ち上がれるように注意してください

4~8回を目安に行います

 

体がかたく背中が丸まってしまう場合は無理をせず

自分の可動域の範囲で動作するようにしてください

 

まとめ

この3つのトレーニングで

体幹の安定を高めながら腕を振る筋力をつけ

背筋を使い腕の可動域を広げながら

下半身を強化し大きな力を発揮できるようにしています

 

下半身を強化したことでジャンプスマッシュの打点も上げることが

出来ていますのでより角度がついたレシーブしにくいスマッシュが

打てるようになると思います!!


バドミントンにベンチプレスは必要か?いらない筋肉が作って本当?

バドミントンには大きい筋肉は必要ないと言われていますが

ボディビルダーなどが好んで行うベンチプレスはやらないほうがいいのか

検証してみたいと思います。

 

ベンチプレスはバドミントン選手にも必要!

結論からいうとバドミントン選手にも

ベンチプレストレーニングは有効です!

その根拠を解説していきます!

 

 

ベンチプレスで鍛えられる筋肉

まずベンチプレスで鍛えられる筋肉を確認していきましょう

主に鍛えられる筋肉は以下の3つです

①腕を上に押し上げる・三角筋前部

②開いた胸を閉じる・大胸筋

③腕を伸ばす・上腕三頭筋

 

他にも連動して広背筋や体幹部も動きますが

効果が低い為、はぶきます!

 

スマッシュを打つときに使用する筋肉

では強いスマッシュを打つために強い筋肉が必要となりますが

スマッシュを打つためにはどの筋肉を使っているのでしょうか

 

まず下半身の筋肉を使い股関節を旋回させ

その股関節を旋回したエネルギーを体幹を通して上半身に伝えます

そして腕を振る動作に移りますが、

 

腕を前の方へ移動させるために三角筋前部・大胸筋

腕を伸ばす動作をするために上腕三頭筋を使います

この腕を後方から振る動作をするための筋肉が

ベンチプレスで鍛えられるんです

 

元世界ランク1位の桃田選手もストイックにトレーニングし

ベンチプレスを40㎏から80㎏まで上げれるようになっています

 

世界クラスの選手でさえウェイトトレーニングをしているので

ベンチプレスはバドミントンに必要なトレーニングといってもいいのではないでしょうか

 

 

ベンチプレスのりゃり方を間違えると逆効果

では、なぜベンチプレスは必要ないかと思われているか、、

それは大きく盛り上がった大胸筋をイメージしているからではないでしょうか

 

確かに、3回~6回程度で上がらなくなる重さでトレーニングし

プロテインや高たんぱくな食事を続けていたら

立派な胸板が作れますが、

そこまでの食事を行うだけでも相当大変です

ただベンチプレスをしたからと言って筋肉がすぐ大きくなるわけではないんです

 

気を付けてトレーニングしてほしいのは

回数を10回~20回の間で行うことです

また、重量も自体重を超えない範囲で行って下さい

10回以上の回数をするということは筋力の強化につながります

回数が多くなると筋肥大の効果も少なくなるので

大きな胸板を作ることも難しいでしょう

 

なのでただベンチプレスで高重量を上げるという目標ではなく

あくまでスマッシュ力を上げるために

腕周りと胸の筋力を上げるんだという意識で

ベンチプレスに取り組んでいったら

とても良い筋力トレーニングになると思います!


タグ:

カテゴリ:未分類 

ミニミニ動物園で話題のシュークリーム食べてみた!皮がおいしいシュークリーム

■たまご屋

・所在地:沖縄県うるま市字赤道660

・電話番号:098-973-4323

・営業時間:8:30~19:00

(日曜日:9:00~19:00)

・定休日:無休

 

沖縄県うるま市にある

ミニミニ動物園と併設されているスイーツ屋さんに

0歳の子供を連れて行ってきました!

 

動物園の滞在時間は子供が動物を怖がっていたのもあり

飛ばし飛ばしで見て回り約15分くらいでした。

 

入場料が無料なのでそこは嬉しいポイントですね

 

動物園の入り口入ってすぐ右側にたまご屋というカフェ?というか

スイーツ屋さんがあったのでそこに立ち寄りました

たまご屋にはイートインスペースと

子供が遊べるキッズスペースがあり家族連れには嬉しい作りとなっています

 

 

今回は、たまご屋にあるシュークリームがおいしいと聞いたので

ジャンボシューを食べてみました!!

 

よく見るシュークリームの形ではなく

珍しい四角い形のシュークリームでサイズも大きかったです

 

皮はしかっりめで分厚く

クリームはたっぷりというよりは程よく甘さ控えめで入っている

といった感じです

コンビニとかのクリームいっぱいのシュークリームがが好きな人は

少しクリームがものたりないなと思うかもしれません

 

でも甘すぎるのが苦手という方にはおすすめのシュークリームです

 

ほかにはドームケーキ(チーズ味・チョコ味)がカットされていたので

そちらも食べてみました

どちらの味も触感はシュワシュワのスフレといった感じで

ほんのりチーズの風味があり、どちらかというと卵たっぷりの感じが強かったです

チョコ味はしっかりチョコの味がするのでチョコ好きな方はホールで安く購入できるので

そちらもおすすめです

 

ケーキやシュークリーム以外にも養鶏場が経営しているスイーツ屋さんなので

新鮮な卵も一緒に購入することができます

 

地元の人はミニミニ動物園には行かず

この卵だけを買って帰る人もちらほらいました

次は新鮮卵を買ってスーパーの卵と食べ比べしてみたいと思います!


タグ: 

カテゴリ:オフ 未分類 

菱形筋のトレーニングでバドミントンのスマッシュが早くなる!

とても早いスマッシュが打ちたい

そんなことを思ったことはありませんか?

 

自分も誰も取れないようなスマッシュを日ごろから打ちたいと

思ったりしています・・・

 

でも、むやみに筋トレをすると

筋肉が重くなってスマッシュが遅くなるとか

可動域が狭くなるとか、、言われ

 

しかし筋力が弱いとスマッシュも早くならないし

じゃどこ鍛えればいいのか????

といろいろ勉強した結果・・・

 

菱形筋(りょうけいきん)

この筋肉を鍛えることでスマッシュのタメを作ることと

関節の可動域を広げることが出来ることが分かったので

紹介したいと思います!!!

 

菱形筋(りょうけいきん)とは?

菱形筋(りょうけいきん)
菱形筋(りょうけいきん)とは肩甲骨と背骨の間にある

菱形(ひしがた)の形をした筋肉で

肩甲骨を背骨の方に引く動きをする筋肉です

 

スマッシュを打つ前に肩を後ろに引きますが

この筋肉が弱いと十分に肩を引くことが出来ず

溜め(タメ)がない軽いスマッシュになってしまいます


カテゴリ:未分類 

バドミントンのクリアの打ち方・初心者がやるべき3つの練習の順番

クリアーが奥まで飛ばない

上手くシャトルに力が伝わらない

初心者の方はこんな悩みをもっているかと思います

 

力の入れ方と体の使い方さえマスターすれば

小学生の筋力でもクリアーを奥まで飛ばすことは可能ですので

以下の練習方法を参考にしてクリアーをマスターしてください

 

①シャトル投げ

まずシャトルをすぐ打とうとすると

シャトルに当てることに意識が集中してしまい

スイングスピードが遅くなってしまいます

 

まずは腕の振りを速くするためにシャトル投げから

スタートするときれいに腕を振れるようになり

のちのち球の球速が上がるのでここでしっかり練習しておきましょう

 

 

 

 

②素振り

シャトル投げでシャトルをネットを超えられるくらい

飛ばせるようになったら素振りの練習へとステップアップしていきましょう

 

ある程度素振りでフォームが固まったら

シャトルが入っている筒を投げてみてください

投げた筒が縦に回転していれば正しいフォームで

素振りが出来てるという判断になりますので

チェックとして筒投げをしてみてください

 

③羽打ち

素振りを反復練習し筒投げで素振りのチェックができたら

空振りをしてもいいので、その素振りのフォームで

シャトルを飛ばすようにしてください

 

シャトルを当てようとラケットをシャトルに合わせると

どうしても今までのフォームがくずれて

結局クリアーが飛ばないということになります

空振りを怖がらないでフルスイングをしていったら近道になるので

シャトル投げと素振りで培った腕の振りを意識して

クリアーをとばしていきましょう

 

 

最後にクリアーを飛ばすコツ紹介します

バドミントンで強い球を打つためには力の入れ抜きが

必要となりますが

クリアーが飛ばない人を見ていると、

シャトルを打つ前から力が入っていて

ずっと力んだ状態でシャトルを打って

上手くシャトルに力が伝わっていないことが多いです

 

シャトルを打つ寸前までは力を抜き

シャトルを打つタイミングで力を入れることで

スイングスピードがあがり結果として

強い球や深いクリアーが打てるようになるので

力の抜き方も意識して練習に取り組んでいくと

今のレベルから上のレベルに上がることができます!

 

また重心を前にもっていくことで

体重を乗せたショットを打つことができるので

シャトルを打った後に一歩前に出ることを意識して

クリアーを打つ練習をすると力強いクリアーを打つことができます

 

シャトルを打って一歩前に足を出して

次に打つときに一歩下がって

シャトルを打つ体勢を作ることで実際の試合に近い状態で

練習を行えるので

体力的に出来る人は足の動きも取り入れて練習していただけたらと思います

 

以上クリアーの練習方法やコツを紹介しましたが

クリアーが打てないと試合にならないと言っていいほど

基本的で重要なショットになりますので

練習してクリアーをマスターしてください!

 

質問等があればお問い合わせからご連絡いただけたら幸いです。


カテゴリ:ショット 未分類 

バドミントンのシャトルがまっすぐ飛ばないのは体の向きが原因?

バドミントンを始めたばかりの頃は

シャトルが思った方向に飛ばずにラリーが続かない

ということがよくあったんですが

 

あなたも同じような悩みがないでしょうか

 

簡単なポイントでシャトルを

飛ばしたい方向に飛ぶようになるコツを紹介します

 

ラケットが当たる瞬間にラケットを握れているか

シャトルをインパクト(ラケットがシャトルにあたること)するときに

ラケットに力が入っていないとラケットの面がぶれてしまい

毎回違った方向にシャトルが飛んでしまいます

 

インパクトの瞬間にグリップをぎゅっと握りこむようにして

面の向きを安定させてみてください

 

シャトルを打った後のお腹の向き

初心者のころはラケットにシャトルを当てることに意識がいってしまい

体の向きまで意識して打てる人は少ないと思います

 

体の向きを少し意識するだけで

飛ばないシャトルが飛ぶようになるので

シャトルを飛ばした後の体の向きがどうなっているか

確かめてみてください

 

まず打った後のおへそが飛ばしたい方向を向いてるか

初心者の頃は体の回転を意識してしまい

シャトルを飛ばしたい方向に向いていないことが多いと思います

 

お腹に力を入れシャトルを打った後

おへそがシャトルを飛ばしたい方向に向けることで

しっかりシャトルが飛んでいくので

お腹に力を入れることと、おへその向きを意識してください

 

右足(左利きは左足)の向き

先ほど、おへその向きを意識することをお伝えしましたが

同じくらいシャトルを打った後のつま先の向きが重要となります

 

右足(左利きの場合は左足)が

シャトルを飛ばした方向に向いていると

シャトルを打った後、一歩目の動き出しがスムーズになり

次の球への準備が早くなります

 

また、シャトルを飛ばした方向につま先を向けることで

お腹の向きも同じ方向を向けやすく

結果として体の向きが安定してシャトルを上手く飛ばせるようになります

 

応用(フェイントショット)

今までのポイントを押さえ

きちんとシャトルが飛ばせるようになったら

次のステップとしてフェイントショットを覚えていきましょう

 

注意ですが

基本の打ち方をマスターする前に

応用をやろうとするとショットが安定しなくてミスが増えるだけではなく

変な癖がついてしまい強いショットを打つのが困難になるので

基本の打ち方をマスターする

これを最優先にしてください

 

それでは、基本の打ち方をマスターしたら

今までの打ち方を思い出してみてください

 

お腹とつま先の向きにシャトルが飛んでいくということは

お腹とつま先の向きと違う方向にシャトルを打つことができれば

相手は思ったところと違う方向にシャトルが飛んでいくため

足が止まったり、エースショットを狙うことができます

 

例としては体(お腹)はストレートに向けて

腕をクロスに振ってクロススマッシュを打つ

逆にクロスに体を向けてストレートにカットを打つのも効果的でしょう

 

クリアーでこのうち方をしてもいいのですが

逆を上手くつけたとしても滞空時間が長いので追いつかれてしまうのと

自分が打ちにくい打ち方でシャトルを打つので

ショットの制度が下がり相手にカウンターを受けてしまう危険があるので

攻撃的なショットで使うことをお勧めします

 


タグ:

カテゴリ:未分類 

楽天証券のジュニアNISA手続きに住民票はマイナンバーが必要

楽天証券でポイントもたまるので

子供のジュニアNISA口座を開設しようと思い

楽天証券のホームページで手続きを行っていましたが

 

住民票の添付が必要とのことで

マイナンバーカードも持っていたので

コンビニにで住民票を取りに行ったのですが

 

マイナンバーの記載の有無の選択があり

迷ったあげく、マイナンバー無しで住民票を取りましたが

結局マイナンバー入りの住民票が必要ということが分かり

 

自分と同じ間違いをしてほしくなく

この記事を書いています。。。

 

未成年口座開設をお申込みいただくには、住民票のアップロードが必要です。
お子様のお名前、ご住所、生年月日、マイナンバーが明瞭に確認できる書類をご提出ください。

引用:楽天証券


カテゴリ:未分類 

シャトル投げでスマッシュを速くするコツ

手でシャトルを投げる練習はラケットでシャトルを打つ練習より

少ないのではないでしょうか

 

きちんとクリアーが飛ばなかったり

スマッシュに体重が乗らなかったりする人は

まずシャトルを遠くに投げる練習から始めると

 

綺麗なフォームが身につき

オーバーヘッドストロークが格段に上達します

 

シャトル投げの方法

体育館で練習する場合は

ネット側のサービスラインにシャトルを置き

始めの方はダブルスのサービスラインまで下がって

ネットを超えるように前方にシャトルを投げます

 

投げるシャトルの軌道は山なりではなく

まっすぐ前に飛ばすイメージで投げてください

(野球のピッチャーのストレートのイメージです)

 

回数は6~12球を3~6セット行うと効果的でしょう

 

上級者はクロスに下がってシャトルを投げたり

まっすぐ下がってクロスに投げるなどのバリエーションで

練習しても良いと思います

 

シャトルを上手く投げるコツ

シャトルを投げる練習をしますが

上手くネットを超えてシャトルを飛ばない場合があると思いますので

以下のポイントが出来ているか確認してみてください

 

お腹に力が入っているか

シャトルを投げるときに腹筋に力が入っているか

腕で投げるのに腹筋?と思うかもしれませんが

お腹に力が入っていないと体幹がぶれてしまい

シャトルに上手く力が伝わらなくなります

 

また、腕には逆に力を入れないようにすると

腕のスイングスピードが上がるので

意識して練習してみてください

 

体重移動ができているか

シャトルを投げる直前に後ろに体重を乗せ

投げた後に体重が前に移動しているでしょうか

シャトルを投げた後に体が後ろに流れていると

シャトルが前に飛びずらくなります

 

シャトルを投げた後に自然と前に足が出るよう

前方に体重を乗せてみてください

 

体育館が使えなくてもシャトル投げはできる!

このシャトル投げの練習ですが体育館が使えない時でも

シャトルさえあれば公園や駐車場などで練習することができます

(駐車場でやる場合は安全を確認して行ってください)

 

外で行う場合はネットがないので

シャトルを取ったところから下がって

その位置をめがけてシャトルを投げると腕がきれいに振れます

 

この練習で腕の振りが早くなり

その結果ラケットを持った時のスイングスピードが上がり

スマッシュが早く鋭くなるので積極的に

練習に取り入れていただけたらと思います


タグ:

カテゴリ:未分類 

スポーツのパフォーマンスを上げたいなら今すぐ白い砂糖をやめて!!!

あなたは砂糖を一日どれくらい接種していますか?

すぐに何グラムです!と答えられないのではないでしょうか、、、

 

最近子供の離乳食の指導を受けてきましたが

乳児で一日5グラム、大人でも一日20グラムまでと推奨されています

 

甘いジュースやスポーツドリンクを飲むだけで

一気に一日の摂取量をオーバーしてしまいます

500mlのペットボトルで換算すると

ポカリスエットで約30グラムアクエリアスで約20グラムと

運動に良いと思っている飲み物でさえ砂糖の量が多すぎる結果となっています

 

白い砂糖の栄養素は?

ではなぜそんなに白い砂糖がだめなんでしょうか

 

砂糖の栄養の面から考えてみたいと思います

砂糖は製造の過程でミネラルなどの栄養を取り除いて作られます

 

サトウキビから汁を絞って固めた黒糖には

不純物などミネラルが取り除かれていないため

栄養素が多くなっています

 

白い砂糖自体には栄養素はほとんどなくカロリーだけが残った状態で

空っぽのカロリーと称されるほど栄養が乏しいのです

 

また、ブドウ糖と果糖が組み合わさってできている砂糖は

初夏吸収がとても早く、血糖値を急激にあげてしまいます

血糖値が急に上がることで大量のインスリンが血液中に流れ

その後、血糖値が急激に下がり低血糖状態を招いてしまいます

 

その低血糖状態が脳や体に栄養を運びにくく

集中力の低下や疲労感が増したりと体にとって良くない状態を作ってしまいます

また、低血糖状態が慢性化すると情緒が不安定になったり、鬱を発症したりするため

注意が必要です

 

砂糖をやめるとどうなるのか

これは人によって差はあると思いますが

まず体脂肪が減りやすくなります、

血糖値が上がりインスリンが糖を体にため込むことで

体脂肪が蓄積されるというメカニズムなので

血糖値を上げる砂糖をやめることで体脂肪の増加を防ぐことができます

 

日中の眠気がなくなる

低血糖状態に陥ると眠気に襲われたり、ひどい場合は手先の震え

寒気、意識障害などが引き起こされます

しかし、佐藤による血糖値の急降下がなくなることで

低血糖状態になりにくくなり

食事後の眠気が訪れにくくなります

 

疲労が取れやすくなる

肝臓からのインスリンの分泌を抑えることで

内蔵への負担が減り、疲労がたまりにくくなります

 

以上、砂糖をやめることで体に負担をかけることが少なくなり

疲労や集中力の低下などを防ぐことができるので

少しでも砂糖の摂取を減らして体をいたわっていただけたらと思います

 

しかし、神経質になりすぎるとストレスになるので

出来る範囲でを心がけてください!


タグ:

カテゴリ:未分類 

シングルス戦術:スマッシュに対してのセンター返球

シングルスにおいて

相手のサイドラインへのスマッシュをショートリターンする場合

 

基本はストレートへ、クロスを狙えればクロスへ返球の2択が多いと思いますし

これがミスも少なく、効果的なレシーブであることは確かです

 

しかし、その間のセンターに返球したらどうなるでしょうか

1つ目にセンターへ返球されることを相手は意識していないため

一瞬何を打つか迷う時間が生まれます

その迷いがミスを引き出します

 

二つ目にサイドからストレートロブ

サイドから逆サイドへのクロスロブ

これらはよく練習していますが

センターからのクロスロブはほとんどの人が練習をしていないのでは

ないでしょうか

となるとセンターからサイドを狙って打ったロブが

サイドアウトをする可能性が高くなるということです

 

センターに返球することで

相手のミスをこんなに誘えますので

センターへの返球も頭にいれて試合をしていただけたらと思います


タグ:

カテゴリ:シングルス 未分類 

1 2 3 7

ページの先頭へ