バドミントンにベンチプレスは必要か?いらない筋肉が作って本当?

バドミントンには大きい筋肉は必要ないと言われていますが

ボディビルダーなどが好んで行うベンチプレスはやらないほうがいいのか

検証してみたいと思います。

 

ベンチプレスはバドミントン選手にも必要!

結論からいうとバドミントン選手にも

ベンチプレストレーニングは有効です!

その根拠を解説していきます!

 

 

ベンチプレスで鍛えられる筋肉

まずベンチプレスで鍛えられる筋肉を確認していきましょう

主に鍛えられる筋肉は以下の3つです

①腕を上に押し上げる・三角筋前部

②開いた胸を閉じる・大胸筋

③腕を伸ばす・上腕三頭筋

 

他にも連動して広背筋や体幹部も動きますが

効果が低い為、はぶきます!

 

スマッシュを打つときに使用する筋肉

では強いスマッシュを打つために強い筋肉が必要となりますが

スマッシュを打つためにはどの筋肉を使っているのでしょうか

 

まず下半身の筋肉を使い股関節を旋回させ

その股関節を旋回したエネルギーを体幹を通して上半身に伝えます

そして腕を振る動作に移りますが、

 

腕を前の方へ移動させるために三角筋前部・大胸筋

腕を伸ばす動作をするために上腕三頭筋を使います

この腕を後方から振る動作をするための筋肉が

ベンチプレスで鍛えられるんです

 

元世界ランク1位の桃田選手もストイックにトレーニングし

ベンチプレスを40㎏から80㎏まで上げれるようになっています

 

世界クラスの選手でさえウェイトトレーニングをしているので

ベンチプレスはバドミントンに必要なトレーニングといってもいいのではないでしょうか

 

 

ベンチプレスのりゃり方を間違えると逆効果

では、なぜベンチプレスは必要ないかと思われているか、、

それは大きく盛り上がった大胸筋をイメージしているからではないでしょうか

 

確かに、3回~6回程度で上がらなくなる重さでトレーニングし

プロテインや高たんぱくな食事を続けていたら

立派な胸板が作れますが、

そこまでの食事を行うだけでも相当大変です

ただベンチプレスをしたからと言って筋肉がすぐ大きくなるわけではないんです

 

気を付けてトレーニングしてほしいのは

回数を10回~20回の間で行うことです

また、重量も自体重を超えない範囲で行って下さい

10回以上の回数をするということは筋力の強化につながります

回数が多くなると筋肥大の効果も少なくなるので

大きな胸板を作ることも難しいでしょう

 

なのでただベンチプレスで高重量を上げるという目標ではなく

あくまでスマッシュ力を上げるために

腕周りと胸の筋力を上げるんだという意識で

ベンチプレスに取り組んでいったら

とても良い筋力トレーニングになると思います!


タグ:

カテゴリ:未分類 

デッドバグのやり方インナーマッスル強化に効果あり

デッドバグというトレーニングをご存じでしょうか

ポッコリお腹にお悩みであればこのトレーニングがおすすめです

 

腹筋周りのインナーマッスルに効果があるので

しっかり取り組んでいきましょう!

 

デッドバグのやり方

まず、仰向けになり両ひざを腰幅くらいに広げます

その状態で股関節を90度曲げ

両腕を垂直に上げます

この状態がスタートポジションになります

 

スタートポジションから対角の手と足を床とすれすれに伸ばし

(右手と左足・左手と右足)

スタートポジションに戻ります

また逆の手と足を伸ばしスタートポジションに戻る

 

この動きが基本的なデッドバグになります

 

デッドバグを行う上での注意点

デッドバグの動作を行うだけでも

インナーマッスルの強化には効果がありますが

いくつか注意をすることで効果が増しますので

以下の点に注意して行ってください

 

後頭部と腰を床に押し付ける

後頭部と腰が床から離れてしまうと

背中が丸まってしまい、

狙っているインナーマッスルに刺激が入りにくくなってしまします

動作中は常に後頭部と腰は床から離さず腹圧を高めることに意識をしてください


タグ: 

カテゴリ:未分類 

ページの先頭へ